活字と猫と、財布の穴と。

活字と猫と、財布の穴と。

モノグサーで詰めの甘い嫁カティが一念発起。帰りたくなる家をつくる!…そのために考え出した答えは…「当たり前のことを当たり前にできるようになること」でした。の、記録。

思ふ事

日本人だからってことじゃないだろうけど、意思表示って大事だよね。

理由までなくていいから、取りあえずYesかNoか。なんとなくでもいいから欲しい。

即答出来ないなら「考えさせて」と言ってほしいし

どっちでもいいなら(本当にいいなら:後で文句言わないなら)そういってほしい。


でも、なにより

「見たのか見てないのか」「聞こえたのか聞いてなかったのか」それくらいは示してほしい。


待つ方はとっても大変。。。

だっていつ答えが返ってくるのか、もしくは返ってこないのか全然分からないと予定も立たないし話も先に進まない。無駄に疲れる。


そしてもうひとつ。

不安を口にするのは分かる。

というより、不安を感じるのは分かる。

でも、(それが特にビジネスにおいては:しかも直接自分に損得無い場合は)ちょっと考えてほしい。

不安言いっぱなしでフェードアウト。それ最悪。


不安を感じたらそれを分析してほしい。そして解決法まで考えてほしい。

答えを出せとは言わないから、考えてほしい。

せめて、具体的にどこが不安か教えてほしい。


コミュニケーションの低下ってこういうところのことも言うんだろうなと感じる。


だから

私は、考える人であろうと思う。

「無理」「できない」「もし~したら」「でも」「だって」

それを言うなら、セットでその後も言葉を続けよう。

根本を見る人になろう。


そう強く思った。

眠い。