活字と猫と、財布の穴と。

活字と猫と、財布の穴と。

モノグサーで詰めの甘い嫁カティが一念発起。帰りたくなる家をつくる!…そのために考え出した答えは…「当たり前のことを当たり前にできるようになること」でした。の、記録。

父親の夢

夢に父が出てきた。

というより、母方の親族勢揃いだった。

旦那もいた。父もいた。


父が歩けなくなっていて、人のことをかなり気にかけている様子だった。

でも、やっぱりいつも通りテーブルいっぱいの料理を作ってみんなに振る舞ってくれた。

鯛のお刺身の乗ったようなお寿司(海鮮丼?酒寿司?のイメージ)とか色々。


いつもと同じように「おいしいか?」と聞いては私の「美味しい」の言葉を嬉しそうに目を細めながら聞いていた。


目が覚めると泣いていた。

それから少し涙が止まらなかった。

色々な思いが浮かんでは消え・・・悲しくてしょうがなかった。


まだ生きてね。

父と再会して、まだ始まったばかりなんだから。


父は優しい人です。

でもその天賦の才があるために家庭に時間をつかう暇がなかった。

そんな小さなところでおさまる人じゃなかった。ただそれだけなんです。


私は父の死に目にはきっと会えない。

葬儀に出席するための飛行機代すら出せないかもしれない。

幸せか?問題はないか?といつも聞いてくる父に嘘をついています。

幸せ、です…。でも、問題がないわけではありません。

父がこの暮らしを覗くことがあれば、非常に悲しむと容易に想像出来ます。それがただただ悲しい。


できることなら故郷で暮らしたい。

慣れ親しんだ土地で

知っている人たちの傍で

あの暖かい気候の素晴らしい土地で。暮らしたい。