活字と猫と、財布の穴と。

活字と猫と、財布の穴と。

モノグサーで詰めの甘い嫁カティが一念発起。帰りたくなる家をつくる!…そのために考え出した答えは…「当たり前のことを当たり前にできるようになること」でした。の、記録。

本:獣の奏者1闘蛇編・2王獣編

上橋 菜穂子
発売日:2009-08-12
 
上橋 菜穂子
発売日:2009-08-12
 

 

これは凄い。面白かった!久々のヒット。

 

どうやら巷では、この原作を元にしたアニメも放映されているようだけど

さすがに原作通りではない様子で(子ども向けアニメにはできんだろう。色んな意味で)

チラッと見てみたけど原作知ってるとアニメはかなり微妙… なんだこれ(´д`)

 

それにしても面白かった(>∀<)

すごいね。1巻ラストから一気に読んじゃいましたよ。

(本当は寝る前に少しずつ読むのが好きなのですが・・・)

 

魔法使いも悪魔も出てこないけど、触れられそうな程リアリティのあるファンタジー。

むしろ今この地球上でもどこか知らない国で普通にありそうなくらいのリアルな話。

この本に出てくる主人公たちの性根がまっすぐで好きです。

 

3巻4巻、早く文庫化してくれー

 

 

児童文学×ファンタジーの分野の3トップ

荻原規子さん、小野不由美さん、そして上橋菜穂子さん

みんな凄いよ。こりゃハマるよ。この3人の書くものでファンタジーのイメージ覆されちゃうよ。

 

読み終わったのがもったいない。そんな本でした。

ありがとう!