活字と猫と、財布の穴と。

活字と猫と、財布の穴と。

モノグサーで詰めの甘い嫁カティが一念発起。帰りたくなる家をつくる!…そのために考え出した答えは…「当たり前のことを当たり前にできるようになること」でした。の、記録。

本:日本人の知らない日本語2

蛇蔵,海野凪子
発売日:2010-02-19
 

あぁもう、このシリーズ面白い( ´>ω<)

2,3年前に敬語の使い方を完璧にしなきゃいけないことがあって一生懸命日本語を勉強してたんだけど、ホント、日本人だからこそ知らないことって多いよね。発音とか意識したことすらない…

それにしても色んな国の人が一つの目標に向かってるクラスっていいなぁ。来世があるのなら、色んな環境の人とたくさん付き合える人生にしたいな。(弱気だか強気だか分からん目標だw)