活字と猫と、財布の穴と。

活字と猫と、財布の穴と。

モノグサーで詰めの甘い嫁カティが一念発起。帰りたくなる家をつくる!…そのために考え出した答えは…「当たり前のことを当たり前にできるようになること」でした。の、記録。

『掃除力』も使いよう

こんな本に、たまたま入った時間つぶしのブックオフで遭遇。捕獲。@105円

 

3日で運がよくなる「そうじ力」 (王様文庫)
3日で運がよくなる「そうじ力」 (王様文庫)

 

私にとっちゃ、そうじ力が正しいのか間違ってるのかなんて全然重要じゃないんです。

 

ただ言えることは

「すっごく掃除したくなる」ってことと、

「掃除するきっかけになる」という素晴らしいおまけつきだってこと。

 

この二つがおまけでついてて(これだけでもかなり嬉しいのに 

ついでに運まで良くなったら、そりゃぁもうけもんでしょう。

 

ちゅーことで、今日もせっせとプチ掃除。 あぁそうさ。結局信じてるさ 

 

今日はココ。

 

□ 排水溝→仕事や人間関係

□ 洗面所→内面も外見も自信がつく

□ クローゼット→迷ったとき悩んだとき進むべき道が開ける

□ 玄関→幸せと不幸の通り道

□ ベランダと窓→人と良縁を結べる

 

□ 時計→有効な時間が増える

□ コスメポーチ→きれいになれる

 

これだけ羅列するとめちゃくちゃキレイ好きさん or 掃除上手なマメな人みたいに思えちゃうけど

どれもこれも、たぶん5分程度。

基本的に気合い入れないと出来ない程酷くしないのが、最近実感する家事のコツ?

質より量ですな。5分でも同じところを毎日磨いてると、その日だけでは汚れがとれなくても、いつかはきれいになるのですわ。

…そんな適当なポリシーのもと、過ごしてます。

 

たぶん、そうじ力の本って今たくさん出てるから、探せばもっとたくさんの情報が載ってるそうじ力の本ってあると思います。

これはなんつーか入門書的な? 読みやすい本でした。

 

何より、「掃除したくなって」「掃除するきっかけになる」というおまけだけでも価値有りでした。

そうじ力。面白いなぁ(´∀`)