活字と猫と、財布の穴と。

活字と猫と、財布の穴と。

モノグサーで詰めの甘い嫁カティが一念発起。帰りたくなる家をつくる!…そのために考え出した答えは…「当たり前のことを当たり前にできるようになること」でした。の、記録。

英語の波

英語楽しい。英語の波が来てるぜチャプチャプン乗り遅れるなー

 

中学英語の基本のところが24時間でマスターできる本 (アスカカルチャー)

 

半年だか一年だか前にやってたコレ

超初歩。始めの一歩。むしろ靴の履き方いや立ち方歩き方?くらいのレベルを無事卒業。

でもコレがあったから今がある。文の作り方とかおかげで作れるようになったしね。

長沢寿夫の中学英語がまるごとスッキリわかる本―全単元パーフェクト版

 

その後、少しレベルアップしてコレに進化。

コレめっちゃ良本。分かりやす。レイアウトも見やすい。探しやすい。

しばらく辞書として活用決定だわ。そうしましょ。

おかげさまをもちまして、中学でやった(ような気がする)受動態だとか現在完了だとか関係代名詞だとか、全部全部あっさりクリア。オーイェス

ただ、表紙に長沢センセの写真が載ってるのはNGだわ。。。つい無意識のうちにどでかいシールを上から貼っちゃったよ。もちろん中表紙とかの写真もね(ㅎωㅎ*)

しかも今じゃ表紙裏返されて白表紙になってるしね…デザインセンスはあまり良くn…(自己規制

中学3年分の英語が21時間でマスターできる本 (アスカカルチャー)

で、『まるごとスッキリ』の補完としてこれ読了。これは読んだだけ。つーか先に買っちゃってたから読んでみた程度?

なんで最初にやった基本の本の次にすぐコレをしなかったかというと、まっさらな状態から入るにはちょっとだけ分かりづらかったのさ。受動態のところとかが…

1冊丸々で段階踏んでステップアップするようになってるから、単元の区切りも分かりづらかったしね。

で、先にスッキリ本をやったわけだけど。それが良かったもよう。スッキリ本の補足のような感覚でスラスラ入る入る。ワッショイワッショイ

 

そんなこんななおかげで?

どんどん話すための瞬間英作文トレーニング (CD BOOK) この本の、最初はわかめがたくさん生えてた例題達も

日本語文⇔英文をサクサク作れるようになっちゃってマァ。

 

自分でも驚きですわよ。奥さん。

 

 

 

で、今こんなのやってます。読書の時代は終焉を告げ、ついに問題集に手ぇ伸ばしましたですよ。

でも中3と銘打っておきながら内容は実用的なのばっかりだから牛歩の如く。それまた楽しいわけだけど。

中学3年分の英語 とことんおさらいできる問題集  とことんおさらいできる中学3年分の英単語

 

それにしても長沢センセ。

『中学英語』とか書いてあっても、授業でやった学校英語じゃない方法で教えてくれるので、中学生レベルの勉強してる感がないんだな。むしろ新しい発見が多くて素敵。

中学3年分の単語なんていいながら、掲載されてるのは実用的なものが半分以上だしね(-`ω´-。)

What's eating you

- 何を悩んでいるの? どうしたの?

こんな感じ。eatって…食べられてますけどっ!悩みに食べられちゃう感じ??みたいな戸惑いや驚きと共に?楽しくやってます。

 

ここまできたら将来的にTOEICとか受けてみちゃう?なんて遠い未来はとりあえず置いておいて。

とりあえず当面の目標としては、中学過程の英文法は使いこなせるようになりたいなー

 

最近映画を見ててもなんとなーく知ってる言い回しが増えてきました。

簡単な番組だったらなんとなーく理解出来てるぜ自分スゲーって感じ。ウヒヒ。