活字と猫と、財布の穴と。

活字と猫と、財布の穴と。

モノグサーで詰めの甘い嫁カティが一念発起。帰りたくなる家をつくる!…そのために考え出した答えは…「当たり前のことを当たり前にできるようになること」でした。の、記録。

ここからスタート 開会宣言

法律とは全く違う世界で生きてきました。
失敗だらけの人生ですが、これは今日の日のための布石だったと思いたいので、慌ただしい過去もそれを乗り越えてきた自分も、失敗も、苦しい日々も

全て私の一部として誇りに思っています。
辛い時間の中で手探りで悩んで、泣きながら失敗を繰り返したことが、今日のこの日にちゃんと繋がっています。

(だから大丈夫だよと過去の私に伝えたい…涙は絶対無駄にならないし、後から振り返ってみると辛い日々にもちゃんと意味があったんだから)

まだ手探りです。亀か牛かってくらいペースもまだまだ悪いです。
資格について、法律について、
周囲で話が出来る人もいません。
google先生と、本屋・図書館の本を頼りに、独学で合格を目指しています。

基本書一冊選ぶのでも失敗続きですし
時間の使い方もまだまだ下手っぴです。

でも、
前だけは向いていようと思います。

たぶん、一番乗り越えたいのは、これまでの自分だと思うから。

今、幸せです。
笑うこと、笑い飛ばすことを学んできました。
他人から見たらまだまだ「可哀想な状況」でも、幸せです。

もっと知識を得たい。
これからの自分を自分の手でつくっていきたい。
裕福じゃなくていいからせめて贅沢しない程度に生計を立てられて、かつ自分に自信を持てるような私でありたい。
そんな自分になりたい。
強くありたい。そう願っています。


とはいえ、
肩肘張らず、背伸びせず、
相変わらず壁に突き当たって方向転換するような不器用さでも
ゆるゆる自分と向き合っていきたいと思います。

私の未来、どこに繋がっているのかな。
学生時代に時間を忘れてはまっていたような、勉強の楽しさを思い出せますように!


これからどうぞ宜しくお願いします。


2011-02-02