活字と猫と、財布の穴と。

活字と猫と、財布の穴と。

モノグサーで詰めの甘い嫁カティが一念発起。帰りたくなる家をつくる!…そのために考え出した答えは…「当たり前のことを当たり前にできるようになること」でした。の、記録。

祝!新判例集 +α

IMG_0586.jpg

 

本屋さん4件目でやっと見つけました。 リンク 今年こそ行政書士!試験にデル判例〈2011年版〉

ちなみに昨日本屋さん5件巡ったので…9件目で出会えた計算に

最近本屋さんのラインナップが浅くなってる気がします。小説とコミックが拡大されて、専門書(というほどでもないけど)になると片隅にちんまり並べられている程度。残念です。専門書って(高いけど)面白いんだよー

医学の棚なんて民間療法におされて、すでに専門書ですらなかったりしてました

時代でしょうか。寂しいですね。

 

それにしても、ここまでくると意地ですな。

「パラパラ捲って良さそうだったら買ってこようかな♪」だったはずなのに

障碍の多い恋の方が燃えるというアレですかそうですか。 ・・・疲れたヨ

まぁ今更な時期ですからね…ないのも頷けますが。TACの判例集はもれなく置いてあるミステリー。

これはアレですか。もしかして……売れのこ(以下自粛

 

リンク 伊藤塾 1分マスター行政書士 重要用語・重要判例編 は、今日のおまけ。

ちょっと出かける時などに要点だけまとめてある小さな本があるといいな♪と思っていたところだったので、隙間時間での暗記の助け?としてGet。

軽くて小さくて薄くてまとまっていればそれ以上は求めていないので、中身がたとえ薄かろうと少なかろうと(まだじっくり見てないけど)いまのところあまり重要視せず。

 

 

さて。

新しい判例集が手に入ったということは、これはもしかして昨日出口までたどり着いたはずの判例の森に再び突入してみるフラグでしょうか。

…お昼でも食べてパワーを蓄えてから、今日も頑張って楽しみましょ