活字と猫と、財布の穴と。

活字と猫と、財布の穴と。

モノグサーで詰めの甘い嫁カティが一念発起。帰りたくなる家をつくる!…そのために考え出した答えは…「当たり前のことを当たり前にできるようになること」でした。の、記録。

これは是非!おすすめです

直接的には行政書士の勉強には関係しませんが、間接的には多いに関係してくる

そんな、大人の方に読んでほしい本をご紹介します。

 

しかも30歳以上の方(もちろん若い方も! 若いうちにこれを知れたら幸せかも)

40歳でも60歳でも。勉強をしている大人の方に読んでほしい本です。

元気が出ます!年齢とともに衰えていると思う自分の記憶力とかに関して、むしろ強い勇気をもらえるかも。

方法が変わっただけなんですよー!安心して。むしろ年齢を重ねたことを誇りに思いましょう

 

 

海馬―脳は疲れない (新潮文庫) 海馬―脳は疲れない (新潮文庫)
(2005/06)
池谷 裕二、糸井 重里 他

商品詳細を見る

 

脳科学ブームのくるだいぶ前に出版された本です。

有名な本なのでご存知の方も多いかもしれませんが、側座核の話とかは今でもずっと私の行動原理です。

もう10年経つんですね・・・びっくり。10年でだいぶこの分野も進歩しましたが、この本で語られるような根本的なものは変わっていません。

 

最近旦那さんが、私の本棚から引っ張りだして読んでいたのをきっかけに、再読しましたが…いやぁ勇気と元気をもらいました。

これは本当におすすめ。機会があればぜひぜひ手に取ってみてください

 

リンク この本の元になった対談はこちら

リンク その後の対談1

リンク それから10年目の対談がほぼ日のサイトにUPされていました(去年の話です)

この10年目の対談も是非書籍化してほしいなー薄くてもいいので 笑

海馬2とか3とか続編読んでみたいっ!

 

「やりはじめないと、やる気は出ません。

 脳の側坐核が活動すると

 やる気が出るのですが、側坐核は、

 何かをやりはじめないと活動しないので。」

 

明日もこの言葉を噛み締めながら、楽しんで勉強していきたいと思います。

皆さんがいい夢を見れますように おやすみなさいまた明日。