活字と猫と、財布の穴と。

活字と猫と、財布の穴と。

モノグサーで詰めの甘い嫁カティが一念発起。帰りたくなる家をつくる!…そのために考え出した答えは…「当たり前のことを当たり前にできるようになること」でした。の、記録。

その日、もうひとつの戦い

 2007_0526_072.jpg 

大切な大切な我が家の長女猫。

9歳の誕生日を迎える事ができませんでした。

 

2011年11月13日。

試験が行われていたその日、大切な命がひとつ旅立っていきました。

 

心に開いた大きな穴は、あまりにも大きくて、寂しくて、悲しくて・・・

こんなに早く離れるなんて思ってもいませんでした。

 

 

まだ多くを語れるほど時間が経っていません。しばらくは何もする気になれません。

猫グッズが全部、2匹仕様だったので、すべてにおいて大きくて、多くて、それがさらに寂しさを感じさせます。

 

普段の何気ない毎日の有り難さと、大切さをつくづく感じます。

この子が戻ってくるのなら、何でもできる気がします。何を手放しても惜しくないです。

 

 

でも、こうして涙にくれている日々もまた、「大切な毎日」の1日です。

まだすぐに泣き止む事はできそうにありませんが、しばらく泣いて泣いて泣き尽くしたら、この子がくれた大切な時間を宝物にして(寂しさもしっかりと胸に抱いて)また歩いていこうと思います。

短くても本当に幸せで、本当に濃い毎日でした。

猫が好きというより、この子が好きでした。

 

本当にありがとう。

出逢えて、選んでくれて、幸せでした。

またどこかで出逢えますように。

本当に、ありがとう。

 

 

寂しいよ…