活字と猫と、財布の穴と。

活字と猫と、財布の穴と。

モノグサーで詰めの甘い嫁カティが一念発起。帰りたくなる家をつくる!…そのために考え出した答えは…「当たり前のことを当たり前にできるようになること」でした。の、記録。

近道を探さない

今日のルール    近道を探さない

初めて聞いたのはどこだったのか、いつだったのか忘れてしまいましたが

今日久しぶりにこの文章を目にして、今日一日頭の隅に引っかかってました。

 

ある男が腹を空かせていた。

そこで、餅を一つ食べた。でもまだ空腹は満たされない。

二つ目の餅を食べた。でもまだ空腹は満たされない。

三つ目の餅を一つ食べた。ようやく空腹は満たされて、男は言った。

「なんだ。はじめから三つ目の餅1つだけを食べればよかったよ」

『餅』だと笑い話で終わるのに、人は実際の生活でちょっと視野が狭くなるとすぐに『三つ目の餅』ばかり追い求めてしまうようです。

 

勉強でもそうですね。テキスト選びや、講師選び、勉強法から読むべき本まで。

消えてなくなり、効果がないように思えた一つ目と二つ目があったからこそ、三つ目のお餅でやっと満たされのにね。

 

…勉強だと一つ目、二つ目のお餅は何でしょう。消えてなくなったようで、しっかり裏で支えてくれているもの。

やっぱり、基礎だったり、背景だったり…そんなモノ達だろうな。

 

三つ目のお餅だけ食べても空腹は満たされません。だから、近道せずにテキスト開きましょ♪

 

急がば回れ どんな勇者もスライムから

 

…と自分を鼓舞してみる