活字と猫と、財布の穴と。

活字と猫と、財布の穴と。

モノグサーで詰めの甘い嫁カティが一念発起。帰りたくなる家をつくる!…そのために考え出した答えは…「当たり前のことを当たり前にできるようになること」でした。の、記録。

なんとなく分かったその先へ

1/12の宇都出さんのブログ記事 『「ITストラテジスト」試験合格報告!』の中で、なんとなく記憶にとどめておきたいことが書いてあったので、メモがてらUP。

 

記事の中で、読者からのメールを宇都出さんがご紹介してらっしゃるのですが

要約してみると

「これまでは5回くらい解いてなんとなく回答を覚えてしまった時点で「もういいや」と勉強をやめてしまうことがあったが、今回繰り返し続けていたら、わかったはずの問題が微妙にわからなくなってきたこともあった。でもそれが進歩だったのかもしれない」とのことが書かれていました。

 

今だったらこの意味が良く分かるような気がします

 

私も今回は、「なんとなく分かった」その先へ行きたいと思います。

繰り返すうちに、違った視点で見られるようになれば尚更理想ですね。

勉強方法を変えてみて、色々と思うこと感じることありますが、一番考えたのが「分かったつもり」で終わらないようにしたい。ということでした。

 

そんなことを色々考えての2年目は、繰り返しの中でも結構毎日新鮮で楽しかったりします

思わぬ副産物にも、心から感謝!です。

 

余談ですが、ブログ記事はGoogleリーダーで読んでいます → 過去記事参照「時間を節約」

少ない時間で確認できて、余計なところへも行かずに済むので、忙しい方にはRSSリーダー本当におすすめです♪