活字と猫と、財布の穴と。

活字と猫と、財布の穴と。

モノグサーで詰めの甘い嫁カティが一念発起。帰りたくなる家をつくる!…そのために考え出した答えは…「当たり前のことを当たり前にできるようになること」でした。の、記録。

来年の参謀。ほぼ日手帳からジブン手帳へ

もうここ5-6年ずっと ほぼ日手帳 を使っていました。

毎年この時期になるとカバーの色で悩みながら来年のことを考えていたものです。

ほぼ日の特徴である1日1ページはその年々で綴られるモノが違っていて

ある年は仕事でビッシリ。資格試験の勉強に役立った事もあったし、ある年は白紙の方が多かったり。またある時には読んだ本や買ったもの等が綴られていたり。

思い出した時に携帯で撮った写真を小さくプリントして貼っていくとちょっとしたアルバムにもなっていて、今でも開くと当時の空気を思い出す事が出来ます。素敵な手帳でした。

 

…でした。………過去形です。

 

仕事の形が変わった頃から、私の選ぶほぼ日手帳は文庫サイズのオリジナルからA5サイズのカズンに変更。

主にバーチカル部分を使う事が増えました。それに伴って1日1ページが埋まる事が少なくなりました。

1日1ページはあるととても楽しい。でも365日毎日は必要ないかもしれない。

バーチカルはとっても大事。むしろ1日1ページは余裕のあるときや残しておきたい事があった日だけ綴っていけたらいいのに。そしてマンスリーとバーチカル部分だけ持ち出せたらいいのに…

いつしかそんなことを考えるようになっていました。

 

そして先日。そんなワガママ通りの手帳を見つけました!

それが ジブン手帳

ほぼ日ほどカバーの自由度はありませんが、そこはしょうがないとして。

たくさんの情報を元に悩みに悩んで、ついにポチッとしました。来年はこの手帳を選んでみます。

 

f:id:borboleta:20170817165933j:plain

 

ジブン手帳は3冊セットの独創的な手帳です。

DIARY:通常のマンスリー・バーチカル等のスケジュール部分

IDEA:ほぼ日で言う1日1ページでもその他にも使える自由でシンプルなノート。

LIFE:家置きメイン。何なら来年も再来年もずっと繰り越せる自分史部分。

…詳しい事は他サイト様で確認なさってくださいまし

 

f:id:borboleta:20170817165956j:plain

 

贈り物を書くページや、月々の簡単な家計簿を書くページなど、面白くて実用的なページがたくさん。

毎日のバーチカルも研究し尽くされた使いやすさと共に、毎日のご飯やご機嫌を記入する欄もあります。

ユーザー様の手帳の使い方を拝見すると薬のチェックに使ってらっしゃったり、日々のお財布事情を綴っていたり。とにかく様々な使い方をされています。

 

・書きやすいA5サイズ

・24時間のバーチカル有り

・スケジュール部分だけの持ち歩きが可能

・残したい日はIDEAにこれまで通り必要な日だけ綴っていく事が可能

などなどなど。

 

私のワガママ通りの手帳です。

 

IDEA部分には以前別の事で使っていた日付スタンプが使えるかな。と、久々に出してきました。

購入したのは 手帳に役立つスタンプ雑貨のお店 OSANPO Shopping 様

予算があれば買い占めたいくらい可愛いスタンプがそろっています。

f:id:borboleta:20170817165814j:plain

あ。。。体重と体脂肪を記録するスタンプもあった………これは…使えるね(小声)

 

11月始まりなので本格的に手元に置けるのは来週からですが

ダラーッとしてしまいがちな私の生活を正してもらえるように、参謀役として期待しています。

 

…そう言いながらほぼ日に戻ってたりするかもですが(笑)

 

コクヨ 2015年版手帳 2014年11月始まりジブン手帳 ファーストキット スタンダード +IDEA1冊増量A5スリム ニ-JFA1W-15