活字と猫と、財布の穴と。

活字と猫と、財布の穴と。

モノグサーで詰めの甘い嫁カティが一念発起。帰りたくなる家をつくる!…そのために考え出した答えは…「当たり前のことを当たり前にできるようになること」でした。の、記録。

リップは繰り出せなくなってからが本番です。

もう何年もDHCのリップを愛用しています。

定番商品だからか、販売店によって値段がビックリするくらい違いますね。

300円台〜1000円超えのところまで。値段の幅が大きい商品なので安い子を見つけると2,3本まとめ買いしておくようになりました。

 

そんなDHCのリップのお話。

 

リップにも色々な種類がありますが、一番良く見かけるリップはこのピンクの子かな?

繰り出し式のこの子。いつも使い切って破棄したつもりでしたが、ある日ふと思いました。

繰り出しできなくなってからも少し残ってるよなー…(-д-)と。

 

なので今回は繰り出せなくなってからも綿棒やリップブラシで取って使っていました。ら…

ビックリするくらい残ってました 

コレ捨ててたのかー( ゚д゚) もったいない。

f:id:borboleta:20170817171546j:plain

その長さ、約1.5cm

外で使うには面倒ですが、お風呂上がりなどに使う分には問題なしです。

 

リップだけではなく。何でも最後まで大切に使いきるととっても気持ち良いですね

繰り出せなくなってからが本番です