活字と猫と、財布の穴と。

活字と猫と、財布の穴と。

モノグサーで詰めの甘い嫁カティが一念発起。帰りたくなる家をつくる!…そのために考え出した答えは…「当たり前のことを当たり前にできるようになること」でした。の、記録。

献立ノートを作ってみたら料理が楽になった

献立ノートを作るようになってから、毎日の食事作りが以前ほど苦ではなくなりました。

頭の中だけで考えようとするから『何作っていいか分からない』になるんだな。

書き出してみて外から眺めてみると思った以上にサクサク物事が進みます。

買物にも無駄がなくなった(ような気がする)し

その日の献立が決まっていると、早いうちから「お肉解凍しとかなきゃ~」と準備ができるようになったし

移動時間でレシピを探しておくことも出来るようになったし

安易な外食・総菜も減ったような。。。

やることが決まっているってこんなにストレス減になるんだなーと改めて実感しました。

 

まだ試行錯誤途中ですが、ある程度流れがかたまってきたので記録がてら自分メモ。

 

献立ノートは普通の大学ノートを使っています。

普通に市販されているウィークリーの手帳なんかでもいいんだろうな。片方が週、片方がフリースペースになっているような手帳。

f:id:borboleta:20170817180931j:plain

字が汚いとか、書き方雑だとかはスルーの方向で

 

 

1、買物に行く

--------------------

これまでは入り口付近の野菜コーナーから攻めていましたが

スーパーに入ったらまず先に肉魚コーナーに行くようにしました。

メインが決まってからそれに合いそうな野菜を探します。

栄養だとかバランスだとかちょっとややこしいコトはそんなに難しく考えてませんが

…肉魚=野菜の値段が目安なんだそうで、それを意識しています。なるほど。

ちなみに献立は決めずに行きます。その時その時で安かったものや旬の物を、色んな色が入るようにカゴに入れていきます。

 

2、献立ノート:まずは在庫を記入

--------------------

 

冷蔵庫にあるもの、買ってきたものを一通り書き出します。

見ているようで見ていないモノもあるので、この作業って結構大事なんだなと実感しました。

早めに使い切りたいモノには分かりやすい印をつけておくと尚良。

 

2、献立ノート:かなり自己流で五法の表を作る

--------------------

  ※ 五法の表とは→『献立ってどうやって考えればいいんだ?:五法・五味の表を育てる』へ

横軸に調理法(煮る/焼く・炒める/揚げる/蒸す・サラダ)を記載

縦軸に今あるメイン食材(肉・魚介・卵豆腐・野菜・その他)を書き出していきます。

縦横が交わるところに、今ある食材の中で考えつくメニューを書き出してみます。思いつく限りいくらでも(→翌週以降に考える時間が少なくなるので)

ちなみに、どんなに紙の上で予定を立てても、疲れて何も出来ないときもあるのは当たり前!

なので、☆印をつけて考えなくても今ある食材ですぐ作れる簡単メニューも書いておきます。

冷凍餃子(焼くだけ)、冷凍コロッケ(揚げるだけ)等。逃げ道大事です。

 

 

2、献立ノート:週の献立を立てる

--------------------

で。

書き出されたメニューを眺めながら、ノート左ページに、その日の旦那さんの帰宅時間(料理にかけられる時間)や私の勤務状況(主に疲れ度合い)を考えながら、なんとなくバランス良く配置していきます。

肉ばかりにならないとか、調理法が重なりすぎない(例:毎日炒めるばっかり等にならない)とか

…ま、あくまでも予定です。その日の気分で必要ならばどんどん変更します。

今日はコレの気分じゃないから違うのにしよう。と急に思い立っても、五法の表である程度作れるメニューが書き出してあるので以前ほど悩みません。

足りない食材があれば途中で買足しの日をつくります。

変更することを前提に、左側に予定。右側に実際の献立を書いていっています。

献立が決まっているので、常備菜や下ごしらえの予定も一緒に書いてみたところ、やることが決まっていると意外と動けるもので驚きました。

 

 

そして最後にスマホでパシャ。

これで出先でもベッドの中でも今日のメニューを確認できます(笑)

 

 

おまけ:最近の常備菜

--------------------

私の癖が分かってきました。

常備菜だけを作ろう!とそれ専用の時間をとってみてもなかなか腰が重いのですが

夕食作りの時に一緒に作ってしまえば案外楽に作れたりするようです。

一から包丁を出すのは面倒でも、夕食準備の時、食材を一緒に切っておくのはとっても簡単。

コンロさえ空いていれば隣で明日の料理を作っていてもそんなに苦ではありませんでした。

特に煮込み料理とか、切って混ぜるだけのものなら全然OK

前もってレシピ調べてあったり、そもそも作る物が決まっていれば尚更スムーズに出来るようです。

 

ちなみにこの日は

 春雨サラダ(春雨茹でて、材料切って混ぜるだけ)

 煮豚・煮卵(煮るだけ放置)

 下ごしらえとして水菜をカット

 ゆで卵を多目に作成 してみました。

 

 

試行錯誤の途中で、まだまだな部分も多いですが

続けることで少しずつ自分ルールが整って、メニューも蓄積されて楽になっていくといいなと思います。

まだまだ修行中ですが、皆様のブログやGoogle先生の教えにたくさん刺激をもらっています♪

心から感謝です<(_ _)>