活字と猫と、財布の穴と。

活字と猫と、財布の穴と。

モノグサーで詰めの甘い嫁カティが一念発起。帰りたくなる家をつくる!…そのために考え出した答えは…「当たり前のことを当たり前にできるようになること」でした。の、記録。

セラミックおひつの使い方が分かってきた

最近とっても役に立っているキッチングッズがあります。

それがコレ。セラミックおひつ。

f:id:borboleta:20170817181229j:plain

ご飯が炊けたらすぐにおひつに移します。

湯気ごとおひつに入れるイメージで。

あら熱が冷めたら冷蔵庫へ

(一応、室温26度以下なら常温保存可とのことですが、冷蔵庫が安心)

食べる時にはご飯の量にもよりますが、レンチン3-4分でホカホカご飯が出来上がります。

 

f:id:borboleta:20170817181252j:plain

炊飯器の保温は時間と共に美味しさが半減していきますが

セラミックおひつに入れて

 

いると2〜3日経ってもまだ美味しく食べられる気がします。

 

その都度炊くのは非効率。(急にご飯いらないになることもあるし…) 

でも冷凍保存だと上手に解凍出来なかったり、少し面倒だったり。

そんな私にはとっても良いアイテムでした。

お鍋でご飯を炊いている方にも使いやすいんじゃないかな。

 

セラミックが上手に水分コントロールしてくれるみたいで

ベチャッとすることも乾燥することもなく美味しいまま保存してくれます。

ちなみにこのおひつからお弁当に入れてもそれなりに美味しく食べられたとのことでした。

 

しばらくは手放せないな。大事に使っていきたいと思います。オススメです。

 

こんどはこのセラミックおひつで肉まんを蒸してみたいと思っています。