活字と猫と、財布の穴と。

活字と猫と、財布の穴と。

モノグサーで詰めの甘い嫁カティが一念発起。帰りたくなる家をつくる!…そのために考え出した答えは…「当たり前のことを当たり前にできるようになること」でした。の、記録。

近況報告:ブログを活用!…する前に引越ししそう。

一人で黙々とおうち仕事を進めるよりも、ブログや写真を通して外からの視点で見る方が家事が捗ることを最近発見しました。料理とか掃除とか。

主婦って家族から見たら『やって当たり前』のことが多くて、しかも『お母さんもおばあちゃんも時々お父さんも…(きっと)縄文時代の人もみんな当たり前のようにやってきた』歴史があるのでその凄さがなかなか伝わらないような気がします。

社会人としての仕事なら書類一枚作るのでも反応が返ってきやすいですが、家事分野の反応ってなかなか薄いですよね。

そもそも排水口掃除を大きくアピールしたいわけでもないし^^; アピール出来る程のしっかりした掃除をしているわけでもないし。

 

だからかな。時々誰かに呟きたくなるのかもしれませんね。「今日、排水口の掃除したんだよ…」って。

ゴミは勝手に歩いて消えるわけじゃないんだよって。

…あ。特に何もないですよ(笑) 何となくこんなことが頭に浮かんだので文字にしただけです。

 

前置きが長くなりましたが、『他人の目』がないとどこまでもズボラーになれる自信がある私。

裏を返せば他人の目があればちゃんと出来るかも?と一抹の期待を胸に、ブログをもっと活用しよう!といきなり思いつきました。習性を利用した、とっても他力本願な思いつきです(笑)

もっと(自分の為に)役に立つようなブログってどんなブログかな〜?と構想をし始めたのですが

構想し始めた途端、何故かそれどころじゃなくなる出来事が起こってしまいました。

 

f:id:borboleta:20170817181923j:plain

 

…戸建に引越す

 ………かも。です。 …たぶん。

 

もっとしっかり引越しが固まってから記事にしていこうかとも思いましたが。一区切りついたタイミングで文字にしてみます。

長くなりそうなので、ご興味ある方だけどうぞ。

 

 

- - - - -

 

決算月&年度末の関係があり、めまぐるしすぎてついていけないくらいのスピードで物事が動いていました。

新築建売物件です。

 

貯金と旦那の年齢を天秤にかけたり

夫婦二人の今、戸建って必要か?と考えたり色んなことがありましたが

一歩を踏み出した途端、もうね、仕組まれてるのか?と疑ってしまうくらい凄い勢いで偶然に偶然が重なりました。

到底実現しなさそうな厳しすぎるくらいの条件を伝えた後、「その条件なら…」と不動産屋さんが提示してくださった物件でした。

偶然近場にいたので参考程度に見るだけのつもりで伺った内覧1軒目。(元々冷やかしで連絡した物件は別)

 

注文住宅も選択肢に入れていたのですが、それらを全て覆すくらいの好条件の立地。

建売なので間取りなど想像と違う部分はありますが、厳しすぎる条件を全て満たしている上に、夫婦それぞれのこだわりポイントも理想に近い状態。

2人とも感想は一致していて、パズルのピースがピッタリ嵌まったような。そんな不思議な感覚だ、と。

 

たださすがに1軒目。

どんな買物でもさすがにひとつ目で買うことはないだろうと笑い合って、それからも土地も含め、条件も変えて色んな物件を内覧させて頂きました。

 

が。

見れば見る程、1軒目に戻ってきてしまうミステリー。

どんな人気の物件を見てもパズルのピースが嵌まる感覚にはなりませんでした。

…そして、気付けば住宅ローンの本契約申込書を記入していました。

<(-ω-;)> ナンテコッタイ

 

二人でかなり話し合いました。

特に、まさかの1軒目なので

舞い上がってないか、浮き足立ってないか、冷静に判断出来ているか。

注文・建売のメリットデメリットも含めて。もっと探せば、別の時期なら…他にもまだたくさんあるのかもしれないと言うことも。

 

夫婦の結論が出た後も、

物件がどうと言うより「さすがに1軒目で決めて大丈夫か」と周囲の人に心配され続けています

うん。私でも心配しますね。ひとつ目で決めるなんてホントあり得ない(笑)

 

そんな中で、周囲の方々が心配してかけてくださった一本の電話。

それの対応をしている穏やかな旦那の姿を見ていたらボンヤリ思ってました。

「良い家作ろう」と。

建売だからとか、造り付け収納が少ないとか、そんなことじゃなく。

幸せな家族をつくろう。自分に出来ることがあるならば、全部やろう。

そう心から思っていました。

 

順調に行けば今月末が引き渡しです。

引越しするとすれば1年以上先だろうと思っていたので何の準備も無くとにかくバタバタしています。

 

 

人生で時々こんなこと起こりますね。

誰よりも自分たちが一番驚いています。

ここまで来たら、このバタバタも楽しみたいと思います

自分の家を持つ日が来るなんて…。 人生何が起こるかわかりませんね。

 

それにしても一軒目……

ひとつ目で決めるだなんて。。。ねぇ(笑)