活字と猫と、財布の穴と。

活字と猫と、財布の穴と。

モノグサーで詰めの甘い嫁カティが一念発起。帰りたくなる家をつくる!…そのために考え出した答えは…「当たり前のことを当たり前にできるようになること」でした。の、記録。

浴室排水口のキレイを楽して保つアイテム:髪の毛くるくるポイ導入

引越してきて、最初に交換した物がありました。

それが…浴室排水口の目皿。

 

やはり水回りの掃除は苦手です。

苦手なので、出来るだけ掃除をしやすく、汚れにくいシステムを作っていきたいところです。

しかも、『いかに楽するか』が私の中では大事♪

 

苦手ポイントのひとつ。浴室排水口。

排水口に流れた髪の毛の束を取るのが気分的にちょっと苦手。

(自分の髪の毛がほとんどなのですが……)

 

苦手だと排水口を覗く回数も減ってしまいます。(必殺『見ない振り』)

覗く回数が減ると必然的に掃除する回数も減ります。

掃除の回数が減ると汚れも溜まりやすく、手強くなり……

……もう言葉にしなくても悪循環です。

 

 

なので。

原因のひとつを排除します。道具で解決出来るところは躊躇わずに力を借ります。金の力で解決です。

コレ。『髪の毛くるくるポイ』

有名どころですね。

私もずーっと前から知っていましたが、古いアパートでは何となく使う気にならずにこれまで素通りしていました。

 

もうね、使ってみた感想はたった一言。

f:id:borboleta:20170817184422j:plain

「もっと早く使えば良かった

これは浴室に標準装備されててもいいくらい。

(実際には特許関係などで難しいのかもしれませんが)

 

購入は徒歩5分のホームセンター。

排水口のサイズを測って、そのサイズや形状によって切り取って使うようです。

f:id:borboleta:20170817184442j:plain

 

設置して水を流してみると一目瞭然。

f:id:borboleta:20170817184504j:plain

 

 

上手にクルクル水が流れていきます。

この流れに乗った髪の毛たちも、上手に真ん中でクルクルまとめられて落ち着く模様。

 

くるくるまとまった髪の毛を取るのも簡単。ほいっと摘むとキレイにまぁるくまとまった髪の束が取れます。

手軽さに感動 これはとっても楽!

 

f:id:borboleta:20170817184553j:plain

 

排水口はどうしたって湿気が溜まりやすい場所。

天敵カビルンルンも、苦手なピンクカビもどこからともなくやってきます。

 

……この目皿をもうひとつ買って、交互に使えばいいんじゃないかな。

洗って乾燥させて、を交互にしていけば、少しは楽してキレイを保てるんじゃないか…

今そんな事を企んでいます。

 

 

- - - - -

ちょっとずつ家事記録も復活させていこうと思います。

またどうぞお付き合いください<(_ _)>