活字と猫と、財布の穴と。

活字と猫と、財布の穴と。

モノグサーで詰めの甘い嫁カティが一念発起。帰りたくなる家をつくる!…そのために考え出した答えは…「当たり前のことを当たり前にできるようになること」でした。の、記録。

理想の重曹ボトルに出会った話とゼロ活力鍋(圧力鍋)

そうそう。今年の誕生日に、ずっと欲しかった圧力鍋を書いました♪ 2ヶ月位前のおはなしです。

誕生日プレゼント扱いですが、もちろん自分のお小遣い貯金から。

私、大きな買物は人からもらいたくないタイプなのです。

理由は簡単『捨てられなくなるから』…^^;;

 

時々、買って使ってみないと自分に必要なものなのかどうかわからないものがあります。

しばらく使ってみて、やっぱり自分には不要だとわかったり、もっと別の使い心地を求めたりすることも多々あるのですが

そんな時、気軽に(?)手放したり、買い替えたりしたい。

大げさに言うと、自分の気持ちに正直にいたい。

そんな理由から誰かのありがたい申し出は丁寧に断って、大きなものほど自分のお金で買うようにしています。

捨てるために自分で買うってのもアレですが…(笑)

 

と…話が大きく脱線しました

 

 

購入したのはアサヒ軽金属さんのゼロ活力鍋。

最後まで悩んだサイズは4LのLスリム。

普通の圧力鍋よりも調理圧?が高いので、より短時間で調理できると言うモノ。

f:id:borboleta:20170817191110j:plain

使いこなせるのかどうか、そもそも必要なのかどうか心配していましたが、今ではかなりの頻度でコンロの上にいます。

圧力鍋ってすごいですね。切って火をつけて、シュシュシュで火を止めればもう出来上がり。

普通のお鍋で煮るのと変わらないだろうと思っていましたが、調理中の余裕が全然違いました。

 

最近一番のヒットは、切り干し大根の煮物。

キッチンバサミでカットして、調味料と一緒に入れて、火をつけてシュシュシュで出来上がり。

こんなに簡単に、気軽に、短時間で出来上がるなんて…

好みの歯ごたえにするために、もう少し加圧時間の研究は必要かもしれませんが、私の中での常識が覆りました。これはもっと使いこなせるようになりたい!

 

 

そんなこんなで活力鍋、大事に使っています。

定期的に重曹を入れて煮るとキレイに使えるよ~との情報を仕入れたので、重曹(粉)も手が届きやすい場所へと引越してきました。

 

ずっと重曹を入れる容器を色々試していました。

コレ!と言うものが見つかるまで、間に合わせで小さなペットボトルに入れて使っていましたが(これはこれで便利でした…詰替以外は)

 

先日やっとコレ!と言う容器に出会えました。

それが、ドレッシングボトル。

ホームセンターにて捕獲。念願の白!

f:id:borboleta:20170817191139j:plain

程よい量でふりかけやすく

詰替も口が大きいのでだいぶ楽。

倒してもこぼれないしスマート。

そして何より白!

f:id:borboleta:20170817191247j:plain

f:id:borboleta:20170817191252j:plain

 

良い感じです♪

気分的に良い感じです。白、良いね白

 

必要なら口の部分を切っていけば出る量の調整も出来そうです。

もう少し買い占めてくればよかったかな。

今後の野望として、このボトルに胡麻を入れて使いたいのです。

ふりかけも良いかもな。

 

他にも入れると便利なもの、ありそうだなー。

100円ちょっとのボトルでウキウキ出来るのは幸せなものです。