活字と猫と、財布の穴と。

活字と猫と、財布の穴と。

モノグサーで詰めの甘い嫁カティが一念発起。帰りたくなる家をつくる!…そのために考え出した答えは…「当たり前のことを当たり前にできるようになること」でした。の、記録。

パーティションでごちゃつかない一時仮置き場をつくってみる

建売のおうちは、壁に穴をあけない限りあまり収納に使えそうな場所はありません。

旦那さんから「お昼ご飯を食べに一時帰宅した時などに、少しの間だけリビングにジャケットを掛けておきたい」とのご要望がありました。

 

コートハンガーを使ってみたり、カーテンレールにS字フックをつけてみたり、色々と試行錯誤の歴史の中で感じたコト、それが

邪魔ってこと

視界に入ってくるだけでちょっと邪魔…(´・ω・`)

そもそも数歩歩けば隣の和室があるのに、リビングに置く必要はあるのか??

なんて。散々、考えたり伝えたり妥協したり交渉したりしてきました。

 

が、ある日突然

私ひとりが快適なおうちじゃダメだよな…と考えられるようになりました。

きっとこれが悟りの境地というやつなのでしょう。バージョン菩薩。

 

そこから再び試行錯誤の末、ここに落ち着きました。

突っ張りウォールパーティション。値段高っ!!(/ω\)

…に、似たヤツ。

いつもお世話になっております。ニトリさん製です。

見た目似てるのに素敵なお値段。さすがです。

 

 廊下へと続くスライドドアの前に設置しました。

選択出来るほど色がなかっただけなのですが

偶然ドアと色が近くて実際に見るとそんなに違和感ナッスィンです。

しょっちゅう我が家に遊びにくる義両親が未だに気づかないくらい違和感がありません(ノ∀`)

f:id:borboleta:20170514161303j:plain

これはまだ設置当日の写真。

今はこの四角い鏡はパーティションではなく、壁に取付けられています。

 

常時物が掛かっていないように心がけていますが、それでもちょっと掛ける場所が出来るって思った以上に便利でした。

ドアの後ろなのでそんなに視界も邪魔しません。これ、結構良い着地点では?\(˙꒳˙ )/

 

しばらくお試し期間が続きますが

今のところ良いことの方が多いので…このまま本採用になりそうです。