活字と猫と、財布の穴と。

活字と猫と、財布の穴と。

モノグサーで詰めの甘い嫁カティが一念発起。帰りたくなる家をつくる!…そのために考え出した答えは…「当たり前のことを当たり前にできるようになること」でした。の、記録。

時報くんで過集中を防止する。やりたいことは全部やろう

この記事 ↑ で、前回オススメした『iPhoneウィジェットに好きな画像を表示させるという素敵アプリ』

↓ こんな感じで見たい画像がすぐ見られる!

f:id:borboleta:20170521113614j:plain0kaeri.hateblo.jp

 

それ以外にも便利アプリにたくさん助けてもらっているので、時々健忘録がてら残していこうと思います。(数年経って見返した時に懐かしく思うんだろうな) 

 

 

今回はコレ「時報くん」!!

f:id:borboleta:20170527172720j:plain

 

この子もとっても地味アプリなのですがなかなか規則正しい良い子です。

 

アプリを開くとこんな感じ

f:id:borboleta:20170527172849j:plain

 

何の変哲もない、時計画像です。

うん(-ω-)時計だからね…

 

左上の歯車マークを押すと設定が出来るようになります。

最短30分ごとに、教えて欲しい時間をポチポチ選択していくと…?

その時間になったら声で時報をお知らせしてくれるのです。「0時です!」

 

何に使えるのかというと…

定期的に時報が流れることのメリットはずばり、過集中を防ぐこと。

 

資料作ってたり、すごく小さな作業に没頭していると、他の大切なこともすっかり忘れて「気付けば…夜(・ω・)」になりがちです。それをちょっとだけ防いでくれます。

時報を聞いて「もうこんな時間」「そろそろあれしなきゃ」と思えるので、時間感覚も養えるんじゃないかなー。

 

地味だけど、大事。

 

いろんな時報アプリを試しましたが、結局これに落ち着きました。時報くん。 

過集中、していませんか?(・∀・)オススメです

 

Office Scuderia「時報くん - 毎日決まった時間に声でお知らせ」
https://appsto.re/jp/L74IL.i