活字と猫と、財布の穴と。

活字と猫と、財布の穴と。

モノグサーで詰めの甘い嫁カティが一念発起。帰りたくなる家をつくる!…そのために考え出した答えは…「当たり前のことを当たり前にできるようになること」でした。の、記録。

猫トイレの研究をしたら、猫トイレ掃除が劇的に楽になった!

(トイレのお話でごめんなさい┏O)))

 

2016年12月。

猫にも人にも幸せ猫トイレを探して。2つのトイレをお試し交換しました。あれから約半年。

 

その後のことを書いてみようと思います。

結論から言うと、ものすごく楽になりました

2ゃんずにインタビューすることはできませんが(笑)

どうやら2ゃんずも気に入って使ってくれているようなので、それを1つの答えにしたいと思います。

 

ひとつはこれ。ユニチャーム・ペット『デオトイレ』

最初はただの好奇心から。

チップの下にシートがある1週間タイプ。レビューを見て決めました。デオトイレさん。

f:id:borboleta:20170516174445j:plain

猫様トイレのお掃除で1番面倒なのは、オシッコ玉を取ろうとした時に崩れてあぁ( ꒪⌓꒪)ってなる瞬間。

…それならばそもそも玉にしなければいいわけで。シートです。

 

一応、複数猫用のシートを使っていますが、2匹でちょうど1週間くらいな感じ。

初使用まで2-3日かかりました。初めて大きな粒の砂を使ってみたことも原因のひとつかもしれません。(一応シリーズには小さな粒の砂もあります)

使い始めこそ時間がかかりましたが、今では立派なヘビーユーザー(と呼ぶのかどうかは謎)

 

シートってすごく便利ね。ほとんど手間がない。

複数猫でも1週間交換しなくても支障なしです(ただし週の半ばで前後を入れ替えてます)

これはいい!すごくいい。楽!

 

2個目はこちら。上から猫トイレさん

こちらも好奇心から(むしろ好奇心のみ(ノ∀`) )上から猫トイレさん。

今でこそ、ペットコーナーに専用ブースが出来るほど浸透してきましたが、当時はほとんど情報がありませんでした。

 

ごめんなさい。初めてみた時は「これはないよー」と思ってたことを告白します。

だって、あまりにもこれまでの猫トイレとかけ離れていたから……

 

だってこんな感じよ。

f:id:borboleta:20170516174102j:plain

 

え。これ何?

って思ったのは人間だけじゃなかったようで。ネコ様たちも最初は不思議そうに何度も中を覗いていました。 

 

猫トイレのお掃除で面倒なこと第2位は、トイレ周辺に散らばる小さなネコ砂問題。

砂をかけてくださることは非常にありがたいのですが…坊ちゃんなどは特に、激しすぎまして('A`)oh...

柵を越えて飛び散る砂、意気揚々と掘り進める猫

挙げ句の果てには、にくきぅの間に挟んで意外と遠くまで運んでみることも。

 

…そんな飛び散り問題がこの形状のおかげでかなり改善されました。ありがたい!

 

どれだけ激しく砂をかけても筒の中。へへへ

ここまで来たら発明ですね。

「穴の中で安心してトイレが出来るのでネコちゃんも幸せ!(´ー`)」な宣伝文句もありましたが

なぜかうちのお嬢様はスタイルにこだわりがあるようなので「穴の中で」安心して、を堪能出来ていないかもしれません

(終わったら穴の中に戻って砂かけてます)

画像荒くてごめんよ…

f:id:borboleta:20170525220455p:plain

まぁ、おトイレスタイルなんて他人が口出すことないわけで。

人それぞれ。ネコそれぞれなのでしょう。

こっそり笑いを噛み締めながら静かに見守り続けたいと思います。

…壁の一点を見つめるスタイルなので、目の前に広大な富士山の写真でもあるといいね。と夫婦で話してます(きっと迷惑)

 

 

トイレの形状で、こんなにもトイレ掃除が楽で簡単になるとは思っていませんでした。

ネコ様の好みもあるでしょうから、それぞれのネコ様に合ったトイレが見つかりますように。願ってやみません。

 

イレモノが決まったので、次はこのエリアをもっとスッキリ使いやすくしていきたいと思っています。

実験はまだまだ継続中!幸せ追求はまだまだ続く。