活字と猫と、財布の穴と。

活字と猫と、財布の穴と。

モノグサーで詰めの甘い嫁カティが一念発起。帰りたくなる家をつくる!…そのために考え出した答えは…「当たり前のことを当たり前にできるようになること」でした。の、記録。

セリアで発見!禁断アイテム。セリア vs 無印の結果は…

セリアさんで禁断のアイテムを発見してしまいました。

 

その名も『ハンギング ステンレスピンチ』4個入り108円

f:id:borboleta:20170726184231j:plain

 

 きっとモデルはこの方。

無印の人気商品『ステンレスひっかけるワイヤークリップ』

どう見ても同じもの。これ、すごく便利です。色んなところでものすごくお世話になってます。

lohaco.jp

 

ただ、追加購入したいなと思っていても、無印さんの400円という値段にためらってしまっていたのも事実。

 

それが。4個入って108円

1個あたり27円…(°Д°)

びっくりです。とりあえず捕獲してみました。

 

ものすごく似てる

左が無印、右がセリア

一瞬見分けがつかないくらい似ています。

 

が。よく見ていくとやっぱり違うところもチラホラと。

まず目に付いたのは、セリアさんのフック部分のカーブの大きさ。

(ちなみにもっと大きな物も売っていました。買ってないけど)

物干竿とか、少し太いものに引っ掛ける時に、無印さんでは小さく感じることがあって。もう少し大きかったらなーと何度か思っていました。後発の特権か。

f:id:borboleta:20170726184245j:plain

次にピンチ部分の大きさの違い。

無印さんの方がしっかり余裕があります。

 

ピンチ部分。つまみも、無印さんの方が断然大きい感じ。掴みやすいです。

ちなみに。掴む部分の先端がちゃんと溶接されているのが無印さん。溶接なしなのがセリアさんでした。

細かい部分で違いが出てます。…そりゃそうだ

f:id:borboleta:20170726184259j:plain

 

ピンチ部分だけ見てみると

ピンチの大きさと、しっかり具合の差が良く分かります。

 

若干針金の太さも違う印象。

f:id:borboleta:20170726184321j:plain

 

結果:しっかり使いたければ

無印さんがオススメ。言わずもがな。

やっぱり作りの差は出てきます。当たり前です。

 

ただ、ちょっとしたものに使う時、そんなに強度などを求めない時、ダメになっても買い換えればOK!な時はセリアさんで十分なのかもしれません。

何より一個27円という値段を考えると

多少壊れたり買い替えたりしたとしてもリーズナブルです。

というか。並べると細かい作りの違いの差はありますが、普段使いする分には十分だと思いました。

 

セリアさんでお試し使用をしてみて、本格的に使いたくなったら無印さんを…という使い方も十分アリかと。

気分的にはとても複雑ですが…

 

100均!(色んな意味で)すごい(・ω・)

びっくりでした。なんたって108円だもんね。

無印さん、大丈夫かしら。