活字と猫と、財布の穴と。

活字と猫と、財布の穴と。

モノグサーで詰めの甘い嫁カティが一念発起。帰りたくなる家をつくる!…そのために考え出した答えは…「当たり前のことを当たり前にできるようになること」でした。の、記録。

ごんおばちゃまの「抜き」1周目:Day1-6

 

0kaeri.hateblo.jp

 抜き出しMAP Season2は『場所別』のごんおばちゃまver.

こんまりver.で家を一周した直後です。もう抜く物はないはず(・∀・)と思って終わった場所もあるはずです。

が。その直後に、何度も何度も同じ場所を繰り返していくこの方式を試してみると、何か違う世界が見えてくるのでしょうか。

実験は続きます。

(だいたい3周したらゴールです)

Day1:玄関1回目

▶︎ 4good-bye

 

数日前にこんまりさんver.でやったばかりの玄関。

「この前やったばかりなのに…」という思考が邪魔をしているのかなかなか探し出せず。

とりあえず段ボールをまとめて…

頂き物の花瓶・紙袋・箒さよなら

f:id:borboleta:20170809194650j:plain

f:id:borboleta:20170809194704j:plain

 

 

Day2:リビング1回目

▶︎ 42good-bye(累計46good-bye)

 

昔からあるシールを厳選。鏡やハガキ類、謎の切符etcさよなら

f:id:borboleta:20170809194717j:plain

 

Day3:キッチン・食器棚1回目

▶︎ 10good-bye(累計56good-bye)

 

義母様から頂いたものの、風景になっていたバウルーさよなら

ペットボトルブラシ、本体を割った後も残っていた蓋etc

あまり見つけられず。

f:id:borboleta:20170809194731j:plain

f:id:borboleta:20170809194744j:plain

 

Day4:クローゼット1回目

▶︎ 24good-bye(累計80good-bye)

 

あっつい。

アパート時代のトイレカバー類ありがとうさようなら。

同居前旦那さんが、猫とピンクが好きという情報から探し出してくれた子でした。

若干趣味に誤解が見え隠れしていますが…その気持ちが嬉しくてなかなか手放せなかった子たち。

でも、今の家には合わない形。写真を撮ってこの辺で手放します。ありがとう。

f:id:borboleta:20170809194757j:plain

f:id:borboleta:20170809194810j:plain

 

それにしても。時間を置くと出てくる不思議。

一度視認して、結果は出さなくてもどうするか悩んだら、いつの間にか脳が無意識下で色々考えて判断を下してくれるのかもな。

お片づけ。繰り返しが大事ですね。実感中。

 

Day5:押し入れ1回目

▶︎ 7good-bye(累計87good-bye)

 

なかなか抜く物が見当たらない!

10分くらいで終了。それでもゼロではない不思議。

f:id:borboleta:20170809194827j:plain

f:id:borboleta:20170809194838j:plain

 

Day6:洗面台・洗濯機周り

▶︎ 21good-bye(累計108good-bye)

 

ついに100点越え。まさかの煩悩の数。

この前やったばかりなのに。視点が変わるとまだ出る不思議。

お掃除用タオル&お掃除用ハブラシ。使っていない美容スキンケア用品など。

f:id:borboleta:20170809194852j:plain

 

これにて1周目は終了。

こんまりさん方式でガッツリ抜き出しした直後にもかかわらず出てきます。その数108!

 

もちろん。ガッツリの後なので大量に出てくる訳ではありませんが…

たった数日時間が空いただけでこれだけ出てきた事が不思議でなりません。

 

30分という時間を使い尽くす事も無く。短いところでは10分くらいで終わってしまう場所もありました。

 

1周目で感じたごんおばちゃまのメリットは、

  • 時間が短くて決まっている事で、取りかかりのハードルがちょっとだけ低い。
  • 2回目3回目があるので、一度で完璧を目指さなくても良いという事。
  • ただし、こんまりさん方式より労力少ない分、減り方もゆるやか。大量にある場合は時間がかかるかもしれない。

 

2周目に続く。